なぜウェブ3.0は難しく感じるのか?

本日はNFTとメタバースについて説明します。消費者向けのブロックチェーンは、インターネット革命以来の大きなテクノロジーの変化です。今回のワークショップを見渡しても、インターネット黎明期のプロたちばかりです。

2000年3月、ウォールストリートの株式市場は暴落しました。強欲なゴールドラッシュの狂気から92%ダウン。そして同年の9月にはさらなる下落。一年後には劇的に回復するのですが。

数十億ドルのNFTが、その92%下落した時に購入されています。残念な事態ですが、しかしスマートコントラクトやデジタル所有の利便性は非常に優れています。それは実用面で消費者の行動に大きな影響与えます。

私はウェブ1.0 と2.0を経験してきたので、ウェブ3.0がどうなるか大体わかります。父親の酒屋の商売を受け継いで、7年で3百万ドルから65百万ドルへビジネスを拡大させました。資本や信用は必要ありませんでした。と言うのも当時のEメール開封率は93%、Googleアズワードは5セントだったからです。ウェブ2.0の波に乗った時は、多くの人が私を知ることになり、多くの富を築くことができました。ブランドを築き、広告代理店の商売も始めました。ウェブ3の波はウェブ1よりもずっと大きいです。何故かと言うと少し難しいテクノロジーだからです。

皆さんがまずぶつかる壁は、インターネットを単純にブロックチェーンと結びつけようとするところです。過去25年間にインターネットで学んだ知識を、そのままブロックチェーンに当てはめようとしてしまいます。このグループセッションでまずやりたい事は、今後の人生において実用面でブロックチェーンを使いこなしてほしいと言うことです。

ブロックチェーンに関するうわべだけの見出し記事を見る前に、いろんな角度から賛否両論を聞くことです。まず15〜20時間は自分で調べて、スマートコントラクト、ミンティング、Gas Fee(イーサリアム利用料)、仮想通貨( Etherium、 Solana) などを勉強してください。そうすれば実際に何が起こっているか理解できると思います。スポーツ観戦のチケット、飛行機のチケット、ハイブランド品を購入したレシートなど。例えば、5000ドル以上購入した「LVMH」のブランド品のレシートは、10年以内にはNFT化されるでしょう。ロイヤリティーや経済性などいろんな要因があるでしょう。これは奥深い消費者行動の変移です。私がこれまで見てきたように、一般大衆はこの事象を過小評価します。そしてそこにチャンスがあります。

仮想通貨とNFTには決定的な違いがあります。例えば私は2014年に購入したビットコインしか持っていません。私はより人間心理学や人間コミュニケーションを考えるんです。だからNFTなんです。これはファッション業界に通じます。人々はアパレルの値段よりブランドを気にしますよね。これがコミニケーションというものです。「人間にはコミュニケーションが必須だ」と言うことを、誰も理解していない。社会生活をする上で絵や言葉などを使って、人間は大規模なコミニケーションをとりたがります。

私が2006年にTwitterに投資した時(Web2.0の時代)、人々はなんてバカな投資をしてるんだと言いました。当時は「犬の散歩をしたり、ピザを食べたり、スペイン旅行をするのを、一体誰が興味を持つんだ?」と言っていました。私はいつもこう答えていました「みんなだ」。しかし人々は理解に苦しんでいました。

1997年、私がインターネットでワインを売ろうとした時(Web1.0の時代)、やはり同じやりとりをしました。人々が理解に苦しむのは、自分自身の「価値観」や「興味」でしか決断できないからです。それらは自らの経験から得られるものですが。大きな視点で「人間行動」をとらえる謙虚さがないのです。

歴史はいつも未来を映します。前述のように、1997年に私はインターネットで商売を立ち上げました。当時どれだけの人がクレジットカード情報をコンピューターに入力することを嫌がったか、知ってますか?このワークショップで、どれぐらいの人たちが「非管理型ウォレット」を作成する3時間を惜しんでいる人がいますか?そういう人たちは、25年前の自分の両親のことを思い出してくださいwww

子供の頃に両親をからかっていた事は、そのまま自分に降りかかってきます。これは残念ながら人類の歴史の中で、マトを得た真理です。

2000年頃になると、人々はクレジットカードを使うことに抵抗はなくなりました。しかしそれでも当時40〜50代の親御さんは、クレジットカードを使うことを怖がっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。